相続税対策 - 相続税が変わる?.財産評価

menu
HOME » 財産評価ってなに? » 相続税対策

相続税対策

一昔前、相続税はお金持ちだけの話で一般庶民にはほとんど関係の無い話でした。
しかし相続税にまつわる法律が改正され、一般庶民でも相続税の支払い義務が発生するようになったのです。
支払い義務が発生した1番の理由として挙げられるのが、「基礎控除額の引き下げ」です。
おかげでこれまで相続税と無縁だった人でも、これからは相続税のことを考える必要が出て来ました。

しかし税金の支払いが義務付けられているとはいえ、「払いたくない」というのが本音でしょう。
でも財産評価を引き下げれば、相続税額を抑えられるどころか控除に結び付けられるかもしれません。
相続税引き下げ対策には色々ありますが、最も有効かつ確実に成果が出る方法と言えば不動産を利用することです。

例えば1億円の現金を相続すれば、1億円分の相続税がかかってしまいます。
でも相続した1億円を元手に賃貸住宅を建てれば、借地権割合・借家権割合・賃貸割合がかかるので、評価額は引き下げられます。
相続税の対策として賃貸物件を建てると、ある程度相続税を抑えることが出来るという訳です。
人に貸している不動産も相続財産となりますが、受け継いだからとはいえ現在住んでいる方を追い出すことは出来ません。
だから通常よりも低い財産評価になるのです。

そしてもう1つの対策が、被相続人名義でマンションを購入することです。
被相続人となる人物名義でマンションを購入した場合、マンションの固定資産税評価額は物価価額の半額になります。
例えば1億円でマンションを購入すれば、評価額は5000万円になるという訳です。
しかも被相続人となる人物の名義で購入しているので、贈与税は一切かかりません。
ただしマンションを購入したのならば、不動産所得の確定申告が必要となります。

相続税の対策は不動産だけでなく、他にもまだまだ沢山あります。
今回取り上げた分は一例にしか過ぎず全ての人が実行出来る訳ではないので、あくまでも参考程度として留めて頂ければ幸いです。