相続税は後払いが可能? - 相続税が変わる?.財産評価

menu
HOME » 財産評価ってなに? » 相続税は後払いが可能?

相続税は後払いが可能?

相続

相続税に関しては現金での納税が原則となっています。
もちろん、果物や野菜で支払うことはできませんし、土地や建物で支払うこともできません。
相続税に関しては現金で支払うものなので、そこはしっかり考えておくことが必要です。
しかし、実際に相続税が発生した場合、なかなか支払いが難しいという方も多いのではないでしょうか。
例えば、建物や土地を沢山持っている方が被相続人だった場合、相続人が支払う相続税も多くなります。

現金などの遺産があった場合は良いですが、現金などが少なく土地や建物ばかりの相続だと、相続税の負担が大きくなります。
この場合は、どうしても相続人の中に「支払うのが難しい」と思うこともあるでしょう。
事実、近年はそこまで現金に余裕があるという方も少なく、相続税の負担がかなり大きくなるために、泣く泣く相続放棄をするということも少なくありません。

そんな中、一定の相続に関しては後払いが可能というシステムがあります。
先ほども説明したように現金などの遺産がほとんどなく、建物や土地だけの相続となる場合は、やはり相続税だけの負担がより大きくなってしまいます。
特に一般の家庭だと普通の宅地や住居だけということもありますが、農業などをやっている方は広大な農地などを相続する方もいます。
そうなると、相続税がかなり大きくなって負担も大きいと言えるでしょう。
それらの場合、相続税の後払いが可能となります。
しかし、後払いする場合はその申請を管轄の税務署にしておくことが重要です。
これを申請し、許諾を得ておかないといけません。

その点は十分に配慮しておくことが必要となるでしょう。

また、よくある勘違いなのですが、あくまでも税金というのは借金やローンとは違うので、支払い義務が消滅するということはありません。
そのため「後払いにしたからいつ払っても良いや」と思ってしまうこともあります。
しかし、実際に税金に関しては一定の期間で支払わなくてはならないため、その点は十分に考えておくことが必要となります。
そこはしっかりと考えて対処していくようにしましょう。
そうすれば、より自分が支払う金額に関しても計算しやすくなります。
なお、それらの相続税に関することで相談したい場合は、税理士などに相談してみてください。
それが重要な指標となってくることは間違いないです。
困った場合は税理士に相談するのが良いでしょう。
まずは専門の税理士を見つけておくことも重要です。