財産評価を引き下げて相続税を安くしよう - 相続税が変わる?.財産評価

menu
HOME » 財産評価ってなに? » 財産評価を引き下げて相続税を安くしよう

財産評価を引き下げて相続税を安くしよう

親族から受け継いだ財産に相続税がかかり、支払う税金が時には莫大な額になることも十分に考えられます。
現に相続税が想像していたよりもかかってしまい、支払いに苦労しているという話は珍しくありません。
相続では配偶者控除などを使って負担を軽くすることができます。
そのほかに相続税を少しでも軽くするには、財産評価を引き下げるのが1番です。

よく知られている相続対策として挙げられるのが、贈与の活用です。
早い内から財産を引き継げば財産評価を減らすことにもなるので、相続税をある程度抑えることが可能です。
ただし財産を贈与すると贈与税がかかってしまいますが、受け取った財産が1年で110万円以内であれば、贈与税はかかりません。
だから毎年少しずつ財産贈与を行えば、相続税を引き下げられるという訳です。
ただし相続発生から3年以内の贈与は課税対象になるので、要注意です。
また毎年決まった額を長期間に渡り贈与した時は、課税対象になることもあります。
贈与で相続税を引き下げようと思っているのならば、綿密な計画が必要となります。

でも預貯金や現金等であれば贈与で何とかなりますが、不動産となると毎年少しずつ贈与するという訳には行きません。
しかも相続が発生した時と前とでは評価も変わるので、難しいものがあります。
不動産の財産評価が下がれば、相続税も大幅に引き下げられるのですが、一体どうすれば良いのでしょうか。
色々方法はありますが、代表的なものといえば他の人に不動産を貸し出すことでしょう。
それこそ相続した土地にアパートを建てれば、かなり大きな節税になる筈です。

財産を減らせば相続税を支払わなくても良いからと、飲み食いに使おうかと企んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
でも財産を飲み食いに使ったからとはいえ、相続税が引き下げられるという訳ではないのです。
相続税を少しでも抑えたいのならば、相続税の仕組みについて勉強することも必要です。
飲み食いしている暇があれば、相続税の本に目を通してみては如何でしょうか。