土地の評価方法 - 相続税が変わる?.財産評価

menu
HOME » 財産評価ってなに? » 土地の評価方法

土地の評価方法

「財産」と一言で言っても色んな種類があり、それぞれに評価方法も大きく変わります。
財産評価は相続税にも影響するので、気が気ではありません。
中でも最も神経を使う財産評価が、土地になるかと思います。
そこで土地の相続や評価方法について、取り上げてみましょう。

不動産は一旦、相続人共有の物となります。
不動産は生活の拠点になる財産でもあるので、今直ぐに手放してしまうと、相続どころか生活もままならなくなるからです。
そこで相続人共有の財産としての取扱い、遺産分割協議でどのように土地を分配するのかを決めていこうという訳です。
遺産分割協議が成立すれば、振り分けられた土地ごとに被相続人から相続した人の財産になるので、名義変更等の手続きを行います。
ただ分割協議が上手く行けば良いのですが、時には色々な問題が発生することも珍しくはありません。
協議を行う際には、発生した問題についても考慮する必要があります。

では土地の評価方法は、どのように行われるのでしょうか。
主に「路線価方式」と「倍率方式」の2種類の計算によって、土地の評価額が導き出されます。
路線価方式は、「路線価×土地面積」で計算します。
路線価とは道路に面している土地1?の評価額のことで、毎年1回改定されています。
倍率方式は、「固定資産税×倍率」で計算をする方法です。
倍率は国税庁によって定められており、土地がある場所によって変わります。

ただ土地を評価する際に、「路線価方式」「倍率方式」どちらか好きな方の計算を自由に選べるという訳ではありません。
基本的には市街地にある土地は路線価方式・郊外にある土地は倍率方式で計算します。
ちなみに相続する土地はどの方法で計算されるかについては、税務署へ問い合わせれば分かるでしょう。
ただし土地評価は、必ずしも「路線価方式」か「倍率方式」で求めなければならないという訳ではありません。
他にも、「不動産鑑定評価基準」で評価を導き出す方法もあります。