財産評価ってなに? Archives - 相続税が変わる?.財産評価

menu
HOME » 財産評価ってなに?

財産評価ってなに?

相続税の計算向けなexcel

相続

相続税などの税金の計算というのは、煩雑で面倒ですし手間もかかります。
税率はそれぞれの項目によって違ってくるので、所得税なら所得税、相続税なら相続税という風に計算していくことが必要となってきます。
相続の際、主に必要となる税金の計算としては、相続税だと思います。
しかし、被相続人が存命している際、働いていた場合は所得税の計算も必要です。
ちなみに相続税の申告と納付は、相続を知ってから10か月と期限が決まっています。
被相続人の所得税に関しては、4か月と決められています。
そこを理解して計算しておかないと、後々大変な思いをするかもしれません。
国はできる限り搾取できるところから搾取するようになっているため、税金に関しても正しく計算して、少しでも節税できる方法はないかどうか考えていく必要があります。
ちなみに、税金に関しては支払う義務があるので、踏み倒すということなどはできません。
ただ、基礎控除や特別控除などを活用すれば、極力は負担を減らすこともできます。
そういう知識を持っているのと持っていないのとでは大きく違ってくるので注意しましょう。

相続税の他、所得税などの計算にも使えるのが、excelというソフトです。
これに関してはWindowsパソコンを持っている方であれば、馴染み深いでしょう。
日本では多くの会社や企業でWindowsを採用しているので、表計算ソフトとしてexcelを使っているというところも沢山あるのではないでしょうか。
これらのソフトに関しては、計算に特化して使っていくことができるので便利です。
上手に使えば使うほど、その魅力はとても大きくなってくると言えるでしょう。
特にexcelの場合は多機能なので、使い方によってはとても便利です。
相続税の計算でそこまで多機能を使いこなすことは必要ありませんが、必要となってくる関数などに関しては知っておくと良いかもしれません。
合計や平均なども瞬時に計算できるということもあって、税金の計算も楽になります。
その他、近年はその手の計算に活用できるアプリもあるので、合わせて活用しましょう。

使い方によっては、この手のソフトやアプリはとても便利に使っていくことができます。
ただ、中にはこれらのソフトやアプリを持っていない方もいますし、計算を自分で行うのが不安という方もいるかもしれません。
心配な方は、専門知識が豊富な税理士などに相談してみることをおすすめします。
失敗しないためにも、税理士に相談した方が安心かもしれません。

相続税が変わる?財産評価

相続01

遺産相続をするときに相続税がかかるかどうかは大きなポイントになる部分ですが、相続税の対象になるかどうかはプラスの財産とマイナスの財産がどれくらい残されているのか、また基礎控除額や配偶者控除額が適用されるかどうかを確認しておかなければなりません・
まずプラスの財産としてカウントされるのは宅地、農地、建物、店舗、居宅、借地権、借家権など不動産や不動産関連の権利で、これは親の家や親の名義の駐車場なども含まれます。

それ以外にも現金、預貯金、株券、貸付金、売掛金、裏書手形、受取手形、小切手など現金や有価証券、さらに自動車、家財、船舶、骨董品、宝石、貴金属、美術品などの動産や電話加入権、ゴルフ会員権、著作権、慰謝料請求権、損害賠償請求権といったものもプラスの財産になります。
ほかにも被相続人が亡くなったことによって発生するみなし財産があって、たとえば死亡保険金や死亡退職金のように被相続人が亡くなってはじめて財産として発生するもののことを指しています。

生命保険金や死亡退職金は相続財産に含まれるときとそうでないときがありますが、被相続人がお金を支払っている場合はプラスの財産としてカウントされることがほとんどです。
さらに通夜・葬儀に関するものは相続財産に含まれず、死体の捜索や運搬にかかった費用、遺体や遺骨を自宅まで運ぶためにかかった交通費、火葬や埋葬、納骨にかかった費用、通夜・葬式にかかった費用が該当します。

次にマイナスの財産ですが、これは基本的に借金や未払い金といったものがメインになりますので、比較的分かりやすく財産評価はしやすいと思います。
そして相続税がいくらになるかは財産評価の結果や相続人の数で決まるので、正しいやり方で財産評価をしておくこと、さらには相続人が何人いるのかきちんと確定させておかなければなりません。

相続税には納める税額によって税率が定められていますので、金額がいくらになるかがとても重要になりますし、相続税の基礎控除の計算式は3,000万円+(600万円×相続人の数)で決まりますので相続人の数が多ければその分基礎控除額が増えます。
中には基礎控除額を増やすために自分の配偶者を被相続人になる人の養子に迎えることもあります。

このように相続税は財産の合計額と相続人の数で金額が変わることを覚えておいて欲しいですし、相続税がかかる場合は被相続人が亡くなってから10カ月以内に税務署へ申告してください。

相続税は後払いが可能?

相続

相続税に関しては現金での納税が原則となっています。
もちろん、果物や野菜で支払うことはできませんし、土地や建物で支払うこともできません。
相続税に関しては現金で支払うものなので、そこはしっかり考えておくことが必要です。
しかし、実際に相続税が発生した場合、なかなか支払いが難しいという方も多いのではないでしょうか。
例えば、建物や土地を沢山持っている方が被相続人だった場合、相続人が支払う相続税も多くなります。

現金などの遺産があった場合は良いですが、現金などが少なく土地や建物ばかりの相続だと、相続税の負担が大きくなります。
この場合は、どうしても相続人の中に「支払うのが難しい」と思うこともあるでしょう。
事実、近年はそこまで現金に余裕があるという方も少なく、相続税の負担がかなり大きくなるために、泣く泣く相続放棄をするということも少なくありません。

そんな中、一定の相続に関しては後払いが可能というシステムがあります。
先ほども説明したように現金などの遺産がほとんどなく、建物や土地だけの相続となる場合は、やはり相続税だけの負担がより大きくなってしまいます。
特に一般の家庭だと普通の宅地や住居だけということもありますが、農業などをやっている方は広大な農地などを相続する方もいます。
そうなると、相続税がかなり大きくなって負担も大きいと言えるでしょう。
それらの場合、相続税の後払いが可能となります。
しかし、後払いする場合はその申請を管轄の税務署にしておくことが重要です。
これを申請し、許諾を得ておかないといけません。

その点は十分に配慮しておくことが必要となるでしょう。

また、よくある勘違いなのですが、あくまでも税金というのは借金やローンとは違うので、支払い義務が消滅するということはありません。
そのため「後払いにしたからいつ払っても良いや」と思ってしまうこともあります。
しかし、実際に税金に関しては一定の期間で支払わなくてはならないため、その点は十分に考えておくことが必要となります。
そこはしっかりと考えて対処していくようにしましょう。
そうすれば、より自分が支払う金額に関しても計算しやすくなります。
なお、それらの相続税に関することで相談したい場合は、税理士などに相談してみてください。
それが重要な指標となってくることは間違いないです。
困った場合は税理士に相談するのが良いでしょう。
まずは専門の税理士を見つけておくことも重要です。

財産評価を正しく行うには?

「国民の義務」とは言われても、親族から受け継いだ財産に税金がかかるのは納得いかないものです。
でも財産評価の引き下げを行えば、相続税が安くなるばかりか基礎控除額に上手く収まれば免除も可能です。
ではどのようにして、財産評価を引き下げればいいのでしょうか。
『財産評価を正しく行うには?』 の続きを見る

アパートは相続税の引き下げになるのか?

アパートを建てると相続税の引き下げになる」と、よく言われています。
もし本当に引き下げられるのならば、相続した土地に今すぐにでもアパートの建設にとりかかりたいものです。
でも本当にアパートを建設すれば、相続税の引き下げになるのでしょうか。
ポイントとなるのが貸宅地です。
『アパートは相続税の引き下げになるのか?』 の続きを見る

相続税対策

一昔前、相続税はお金持ちだけの話で一般庶民にはほとんど関係の無い話でした。
しかし相続税にまつわる法律が改正され、一般庶民でも相続税の支払い義務が発生するようになったのです。
支払い義務が発生した1番の理由として挙げられるのが、「基礎控除額の引き下げ」です。
おかげでこれまで相続税と無縁だった人でも、これからは相続税のことを考える必要が出て来ました。
『相続税対策』 の続きを見る

いびつな形をしている土地の評価

日本全国にある土地は全て長方形・正方形と、必ずしも綺麗な形をしているとは限りません。
中には少々変わった形をした土地もあるかと思います。
変わった形をしている土地の場合、「使い勝手が悪い」とみなされ”修正”が入り、財産評価の引き下げにつながる可能性があります。
この”修正”を奥行価格補正と言います。
『いびつな形をしている土地の評価』 の続きを見る

土地の評価方法

「財産」と一言で言っても色んな種類があり、それぞれに評価方法も大きく変わります。
財産評価は相続税にも影響するので、気が気ではありません。
中でも最も神経を使う財産評価が、土地になるかと思います。
そこで土地の相続や評価方法について、取り上げてみましょう。
『土地の評価方法』 の続きを見る