相続税の計算向けなexcel - 相続税が変わる?.財産評価

menu
HOME » 財産評価ってなに? » 相続税の計算向けなexcel

相続税の計算向けなexcel

相続

相続税などの税金の計算というのは、煩雑で面倒ですし手間もかかります。
税率はそれぞれの項目によって違ってくるので、所得税なら所得税、相続税なら相続税という風に計算していくことが必要となってきます。
相続の際、主に必要となる税金の計算としては、相続税だと思います。
しかし、被相続人が存命している際、働いていた場合は所得税の計算も必要です。
ちなみに相続税の申告と納付は、相続を知ってから10か月と期限が決まっています。
被相続人の所得税に関しては、4か月と決められています。
そこを理解して計算しておかないと、後々大変な思いをするかもしれません。
国はできる限り搾取できるところから搾取するようになっているため、税金に関しても正しく計算して、少しでも節税できる方法はないかどうか考えていく必要があります。
ちなみに、税金に関しては支払う義務があるので、踏み倒すということなどはできません。
ただ、基礎控除や特別控除などを活用すれば、極力は負担を減らすこともできます。
そういう知識を持っているのと持っていないのとでは大きく違ってくるので注意しましょう。

相続税の他、所得税などの計算にも使えるのが、excelというソフトです。
これに関してはWindowsパソコンを持っている方であれば、馴染み深いでしょう。
日本では多くの会社や企業でWindowsを採用しているので、表計算ソフトとしてexcelを使っているというところも沢山あるのではないでしょうか。
これらのソフトに関しては、計算に特化して使っていくことができるので便利です。
上手に使えば使うほど、その魅力はとても大きくなってくると言えるでしょう。
特にexcelの場合は多機能なので、使い方によってはとても便利です。
相続税の計算でそこまで多機能を使いこなすことは必要ありませんが、必要となってくる関数などに関しては知っておくと良いかもしれません。
合計や平均なども瞬時に計算できるということもあって、税金の計算も楽になります。
その他、近年はその手の計算に活用できるアプリもあるので、合わせて活用しましょう。

使い方によっては、この手のソフトやアプリはとても便利に使っていくことができます。
ただ、中にはこれらのソフトやアプリを持っていない方もいますし、計算を自分で行うのが不安という方もいるかもしれません。
心配な方は、専門知識が豊富な税理士などに相談してみることをおすすめします。
失敗しないためにも、税理士に相談した方が安心かもしれません。