保険金受取人の相続税と税金 - 相続税が変わる?.財産評価

menu
HOME » 財産評価ってなに? » 保険金受取人の相続税と税金

保険金受取人の相続税と税金

相続

・保険金受取人は要注意
相続の機会がある場合、被相続人の死亡保険金を受け取ることになる場合があります。
そういう人のことを保険金受取人と呼びます。
日本ではこの保険金受取人も課税の対象となっていることがあるので、保険金受取人になるという方は十分に注意しなくてはなりません。
事実、大金となりやすい死亡保険金に関しては、税金の金額も大きくなります。
特に配偶者などはこの保険金受取人となりやすいので、税金がどのように課税されるのかについては知っておかなければなりません。
実際に保険金受取人に関しては、死亡保険金などの場合、相続税はもちろんですが贈与税や所得税の課税対象となることもあるので注意しておきましょう。
「そんなのおかしい」と思うかもしれませんが、これも公平に税金を徴収するための方法なのです。

・保険金受取人の相続税
保険金受取人に関しては、当然のように相続税がかかります。
「なんで保険金なのに税金がかかるのか」と思うかもしれませんが、これは公平に税金を回収するための方法となっているのです。
事実、保険金受取人になる可能性が高い人としては、夫や妻などの配偶者であるのが一般的となります。
もしくは、その子供たちとなるのではないでしょうか。
特に配偶者の場合は、相続税も配偶者控除などを活用すれば、かなり節税できます。
しかし、その状態で保険金まで受け取れば、配偶者だけ優遇されることになります。
当然ながら、他の法定相続人に関しては納得できない人も出てくるかもしれません。
それが保険金ともなれば金額もとても大きいので、そこはやはり公平な税負担が必要となってきます。
当然、その保険金を残りの家族で分割したとしても、課税の対象となる場合があるのです。
それらの税金の計算は、しっかりと行っておくことが重要となります。

・税金対策は必須
税金対策に関しては、必須だと言えるでしょう。
事実、対処方法によっては税金の金額を減らすことができるので、対処することが先決です。
しかし、実際に税金対策をしようにも知識がなければ難しいです。
そんな時には、税理士の力を借りるようにしてください。
税理士の場合はとても役立つ知識を持っていて、節税に関してもサポートしてくれます。
依頼人の税負担を軽減できるように動いてくれるので、とても頼りになるでしょう。
また、その他の税金に関する悩みも相談できるので、気になることがある場合は相談してみてください。